月別アーカイブ: 2017年9月

マイクロエースの買取

Published / by 運営者

株式会社マイクロエースが製造、販売している鉄道模型に市場でも高い人気となっているマイクロエースという模型があります。もともとアリイというブランド名でプラモデルを中心として販売していた企業が鉄道模型をメインに参入したもので、Nゲージが主力商品となっています。販売当初より商品バリエーションの多彩さがマニアに受け、他のメーカーにはない商品ラインナップも多数制作されていることから、市場での需要が高いものとなっています。特に、蒸気機関車は、国鉄時代に開発されたものがほとんど全て商品化されているため、マニアにとってはたまらないブランドとなっています。他ではみつけられないマニアックな車両も揃っており、ラインナップの多彩さや希少価値では、他の追随を許しません。

マイクロエースは、アニメ、ドラえもんに登場した海底列車や銀河鉄道999の車両など、キャラクターものの架空の車両まで商品しており、通常の車両形式も含め、ほとんどが1回限りの生産で再生産されないため、高値で買取されているのです。登場期、改造後、晩年期、と同じ車両を3つのタイプで同時発売しているのもレアなものです。保管状態がよく、鑑賞専用として走らせていない場合には、さらに高値買取を狙うことができるでしょう。

 

鉄道模型の買取

Published / by 運営者

本格的に鉄道模型を楽しむためには、お気に入りの車両だけでなく、レールや駅、建物や橋、街並みなどのストラクチャーやコントローラーなどが必要となるとともに、Nゲージ、HOゲージ、Zゲージなどといった規格があるため、幅広いアイテムを収集する必要があります。専門性や希少性の高い部品も多く、市場で正規販売されているもののなかにはない、年代物もあるため、買取を活用して揃えている方も多いようです。不要になった車両の買取などについては、基本的に一両単位で扱ってくれるため、全ての編成が揃っていなくても大丈夫です。セットで購入したのに、一部を紛失してしまって価値がないと思い込んでいるものも買取では高値で引き取ってくれることもあります。

鉄道ファンにとっては、鉄道模型だけでなく、方向幕やヘッドマーク、編成札などの廃車八製品などのアイテムはたまらないお宝であり、一緒に買取することで高値で取引をすることもできます。また、古い鉄道書籍や鉄道ダイヤ情報、時刻表なども買取してもらえる可能性もあるため、新しい鉄道模型の購入資金に回すことができます。ちなみに、鉄道模型買取を行っている【買取コレクター】では、出張買取や宅配キットによる宅配査定にも対応しています。直接店に足を運ぶ必要もありません。

鉄道模型の楽しみ方

Published / by 運営者

鉄道ファンが多く存在している現代では、乗り鉄やスジ鉄、撮り鉄など、楽しみ方の違いによってさまざまに細分化されており、そのなかのひとつに鉄道模型に没頭する模型鉄と呼ばれる人々がいるのです。一般的な愛好家は、お気に入りの鉄道模型を大切にショーケースに入れて見て楽しむというコレクションマニアと呼ばれるタイプでしょう。少しずつ買い足していくことでコレクションが増える喜びがありますが、収納場所に困って家族から苦情を受けることもあります。また、楽しみ方として最も多いのが、購入した鉄道模型を実際に走らせるというものです。実在する本物の車両そっくりの模型が走る姿、音に日頃のストレスが癒されるという年配の男性も多いようです。鉄道模型の世界にはまればはまるほど、駅舎や街並み、自然風景などをジオラマで再現してトータルで楽しみたいという欲求が増していきます。

究極の鉄道模型ファンは、既製品だけでは飽き足らず、自分だけのオーダーメイドの物が欲しくなるようです。加工、改造、自作によって、自分好みの模型に仕上げて走らせて楽しむオンリーワンの趣味は、なかなか奥が深いものです。特定の車両や部品の一部などを取り寄せることが多くなるため、鉄道模型ファン同士の情報交換が必要となり、情報を元にした買取を活用してリニューアルすることも多くなります。

鉄道模型の世界

Published / by 運営者

鉄道模型は、実際の鉄道車両を縮小してつくられた鉄道車両やレール、ジオラマなどを含めた鉄道車両の玩具全般を指すもので、子どものおもちゃというよりも大人の趣味としてどっぷり浸かってしまうことが多いものです。鉄道模型は、古い鉄道の歴史をもつヨーロッパで19世紀中頃に作られたのが発祥とされています。もともとは、実在する本物の鉄道を宣伝することを目的としたものであり、日本においては重要な歴史的史実である、ペリーの黒船来航の際に、蒸気機関車の模型が手土産として幕府に贈られたことが記録に残っています。国内で鉄道模型が認知され始めたのは、1965年に関水金属がプラスチック製のNゲージモデルを発売したことによるものです。1970年代になるとNゲージメーカーが増え、愛好家が増えたものの、趣味の多様化やおもちゃの革命などを理由として、ブームが衰退していきました。しかし、21世紀に入ってからは、鉄道ファンの増加やネットを通じた情報交換などにより再び鉄道模型ブームが到来しました。

鉄道模型には、さまざまなタイプがありますが、日本では、縮尺150分の1、軌道間距離9㎜の「Nゲージ」に人気が集まっています。比較的、土地に余裕がある欧米では、縮尺率が低く人間が乗れるようなタイプの鉄道模型を楽しむ傾向がありますが、日本では住宅事情なども関係して、Nゲージなどに人気が集中しているのです。鉄道模型は、鉄道車両やレールなどに特化してコレクションする方とともに、背景の細部までこだわってジオラマの一部として再現する方もおり、楽しみ方が多様化しているとともに買取も盛んに行われています。