鉄道模型の世界

鉄道模型は、実際の鉄道車両を縮小してつくられた鉄道車両やレール、ジオラマなどを含めた鉄道車両の玩具全般を指すもので、子どものおもちゃというよりも大人の趣味としてどっぷり浸かってしまうことが多いものです。鉄道模型は、古い鉄道の歴史をもつヨーロッパで19世紀中頃に作られたのが発祥とされています。もともとは、実在する本物の鉄道を宣伝することを目的としたものであり、日本においては重要な歴史的史実である、ペリーの黒船来航の際に、蒸気機関車の模型が手土産として幕府に贈られたことが記録に残っています。国内で鉄道模型が認知され始めたのは、1965年に関水金属がプラスチック製のNゲージモデルを発売したことによるものです。1970年代になるとNゲージメーカーが増え、愛好家が増えたものの、趣味の多様化やおもちゃの革命などを理由として、ブームが衰退していきました。しかし、21世紀に入ってからは、鉄道ファンの増加やネットを通じた情報交換などにより再び鉄道模型ブームが到来しました。

鉄道模型には、さまざまなタイプがありますが、日本では、縮尺150分の1、軌道間距離9㎜の「Nゲージ」に人気が集まっています。比較的、土地に余裕がある欧米では、縮尺率が低く人間が乗れるようなタイプの鉄道模型を楽しむ傾向がありますが、日本では住宅事情なども関係して、Nゲージなどに人気が集中しているのです。鉄道模型は、鉄道車両やレールなどに特化してコレクションする方とともに、背景の細部までこだわってジオラマの一部として再現する方もおり、楽しみ方が多様化しているとともに買取も盛んに行われています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket